-

着たいものを着る、それがファッションの醍醐味です。 しかし、着たいものだけを着ていても「オシャレ」とは言えない場合があります。 ファッションは個性です。 自分を表現するために服を活用しているわけですね。 ところがそれで周囲に「ダサい」と思われてしまうと、「個性的」というのも褒め言葉ではなくなります。 ファッションは、流行を取り入れた中に自分のカラーを足す。 それこそが求められると思うのです。 しかし、根っからファッションセンスのある人もいます。 何を着てもそれなりに見えるし、普通の服でもオシャレに着こなすことができる人です。 何が違うんだろう?と不思議に思って、その人をよく観察してみました。 すると、オシャレな人は、よく情報を取り入れているのです。 雑誌を読んだり、ウィンドウショッピングをしたり、ネットなどで情報を調べたり。 勉強している人が秀才であるように、オシャレな人もたくさん学んでいるんですね。 逆に言えば、オシャレになりたいのなら努力次第でなれる!ということ。 ファッションセンスを磨いて、オシャレを楽しみたいものです。