-

ここ数年、大体どの自動車損害保険を扱う会社も料金つり上げ傾向にあります。自動車損害保険が保険料を値上げするということは、私たちの生計にとても大きな衝撃を与えると言わざるを得ません。では、一体どうして自動車損害保険が値上げされていると考えられるでしょうか?その原因について考えられることには、概して二つ考えられます。最初に、高齢者の自動車運転手が徐々に数を伸ばしているせいです。クルマを所持しているのがごく当たり前の社会になってしまったので、老年期の運転手も増加している傾向にあります。その上、全国的な傾向として超高齢化社会を迎えつつあるということもあってこれ以降増々お歳を召した乗用車所持者が増加する傾向なのは間違いありません。老年期のにおいては、基本的に掛け金が安く販売されているため保険会社にとっては、それほどメリットが存在しません。当然ですが掛金が低いのに事故を起こされた場合高い保険金を支払わなければいけないからです。その場合、損になるリスクが非常に上がるため自動車保険会社は保険の料金を高値にしていくしか手がありません。次に、2つ目の原因に挙げられるのは、比較的若い世代の車離れにあると言えるでしょう。高齢の乗用車所有者は増加しつつありますがそれとは逆に若い世代はクルマに憧れを抱かなくなってきているのが現状です。その事態のバックグラウンドにはどんな事情があるかと言いいますと、バスなどの移動に関するインフラの発達と経済事情に関わることなのです。安定した仕事にありつくことができない若年者が多いことから、乗用車を入手する力がないといった方も珍しくありません。昔の感覚であれば、車を乗り回す事がサラリーマンの嗜みと思われていましたが、長年に渡る不況の結果のせいか乗用車の所有がステータスであるとはとても断言できなくなってきたのが現状です。そういった理由で保険の料金が老齢に比してコストに見合わない若い年代の契約数が年々低減しているのです。こういった様々な問題が原因となって、自動車保険会社も値段つり上げに及んでいると推察できます。